本文へジャンプ

麻酔科

診療科の特色(専門分野等)

患者さんが痛みを感じることなく手術を受けられるように「麻酔」を行います。全身麻酔(吸入麻酔、静脈麻酔)、硬膜外麻酔、脊椎麻酔、局所麻酔(ブロック注射)があります。手術前日に病棟を術前訪問し、患者さんの全身的な問題点を把握し、個々の患者さんに最も適した麻酔方法で計画を立てて準備します。手術中は、人工呼吸(全身麻酔中)となる患者さんの呼吸・循環の状態を最新鋭の麻酔器、モニタ機器を用いて看視しています。また、術後は、特に「痛み」「吐気・嘔吐」に配慮して、患者さんの状態の早期回復を目指しています。

手術の前日・翌日に病室に伺っていますので、麻酔に関することで何かわからないことがありましたら、ご遠慮なくおたずねください。

当院は、日本麻酔科学会麻酔科認定病院です。